きれいな母でいるために

公開日: 

子供の頃から少しソバカスのようなものがあり、徐々にシミとして定着していきました。

ずっとシミが嫌で、シミを消す化粧品や美白の化粧水などを使ったり、日焼け止めもしっかり使ったりして治そうとしていました。

しかし、肌診断をしてもらったところ私の肌は極度の敏感肌で乾燥肌、キメが壊れているので紫外線の影響を受けやすいと言われました。

しっかり保湿して敏感肌・乾燥肌を治さないと、どんどんシミが作られるばかりで、シミを治そうとしても効果がないとのことでした。

なので、今はしっかり保湿することを目的にした化粧水、乳液などを使って乾燥肌を治そうとしています。

また、フェイシャルエステを受けた際、洗顔で汚れを落としきれていないことを指摘されました。

目的に沿った化粧品を使ったとしても、洗顔がうまくできていないと肌に入らず意味がないと言われました。

私の使っていたクレンジング、洗顔料は汚れを落としきれていなかったそうで、ちゃんと汚れを落とせるものに変更することを勧められました。

このとき初めて洗顔の大切さを知り、今は洗顔にはとても気をつけています。

洗顔料はもちろん、ぬるま湯、シャワーで流さない、朝も洗顔する等です。

今までは子供を産んで自分のことは後回しにしていたのですが、キレイなお母さんを見かけるようになり、自分もそうでありたいと思い頑張っています。

ケアの間違いとシミと乾燥

私の祖母はとても肌の強い人でした。

色白ではありませんでしたが、年を重ねている割りには、シミ一つなく、くすみなどもありませんでした。

彼女が言うには、いろんな化粧品があるけど、ほとんどの化粧品には、添加物が入っているから、付け続ける事で、かえって肌に悪い。

朝、夜、しっかり洗顔していれば、特に手入れは必要ない。

と言うことで、私はそれを信じて、洗顔のみで他に何もしませんでした。

しかし、祖母と私は肌の質が違ったようで、20代半ばくらいから、顔のあちこちにシミが出来てきて、ショックで倒れそうになりました。

気が付いたら早いうちに手を打たなければ、と、シミに塗り込む薬を買い、付けて様子を見てみました。

しかし、あまり効果を感じる事が出来ずに、もっと高い薬(というか、化粧品)を買い、サプリメントも併用しながら、頑張りました。

少しだけシミの色が薄くなった気がしますが、一度出てしまったシミを消す事は不可能です。

そのうち、肌の乾燥も気になるようになりましたので、今はそちらのケアをしています。

保湿性の高い化粧品を使っていますが、鏡を見た時にふっと気が付いたのですが、シミが目立たなくなっていました。

シミって、乾燥と関係があるのかな、と不思議に思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑