くちびるにできたシミ

公開日: 

私の唇は生まれつき色素が薄く、口紅を塗らないとほぼ白いです。

2年前、この唇に2ミリ程度の丸いシミがで一つできてしまいました。

それ以来、鏡を見たり写真を撮るたびにこのシミが気になってまい、とてもショックでした。

主人に相談すると、どうやら皮膚科で治るらしいということで、皮膚科に行きました。

治療方法はなんと液体窒素で「ジュッ」とやけどをさせ、かさぶたになったものを後日とるという方法でした。

しかも2~3回これを繰り返すということで、痛かったのですが3回やりました。

しかし、見た目は全く変わらず、とても嫌な思いだけが残りました。

「あ~あ。

こんなことなら行かなきゃよかった。

私の痛みと時間を返せー。

」と主人を攻めたのは言うまでもありません。

その後、美容皮膚科クリニックへ行き、シミ除去の施術を5000円程度で行いました。

くちびるにシールで局所麻酔をし、あとはこちらも機械で「ジュッ」でした。

痛みはありません。

やっとシミが薄くなったものの、もっと消すためにはあと2~3回必要だの、日ごろのケアにこのビタミンC美容液を塗れだのと言われ、
お金もないのでこれで満足することにしました。

シミとは永遠に付き合わなければならないと思っているので、これからはくちびるにも日焼け止めを使おうと思いました。

かなり後悔しています。

若い頃ニキビがひどく、ファンデーションは肌に悪いかと思って、ほとんど化粧をしませんでした。

加えて帽子や日傘など、全くと言って良いほど使用していませんでした。

今になって思えば、紫外線浴びまくっていた訳です。

35歳位になったある日、鏡を見ると顔にうっすら黒いものが付いている…。

最初は汚れかと思い、こすってみたものの一向に消えず。

シミだと理解した時のショックは大きかったです。

しかもだんだん広範囲に濃くなっていくようで慌てました。

以来シミに効く、という化粧品などを色々試してはみましたが、どれも目にみえた成果はありませんでした。

レーザーは消えると聞いていますが、結構高いのでためらっています。

今は一年中帽子を欠かさず、ファンデーションもSPFの高いものを選んで使用していますが、なにぶん後の祭りです。

せいぜい悪化を防ぐのが精一杯というところだと思います。

若い頃にはまさかこんなにテキメンに出るとは思いませんでした。

蓄積されたものが数年後、十数年後に出るって本当に怖いです。

シミってやはり老けて見えてしまうし、こうなる事が分かっていたら、若い時に紫外線対策しっかりやっておくんだったと今本当に後悔しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑