30代半ばになってから急に毛穴が大きくなったと思ったら、肌が全体的に弾力を失っていました。

自分の顔は毎日見ているものなので、若い頃と変わらない気持ちでいたのですが、気が付くと顔全体の毛穴が目立つようになっていました。

あとは、やや乾燥肌になってきたと感じています。

20代のころ、どんなに無茶なことをしても一晩ぐっすり寝れば肌は弾力を取り戻していたものですが、最近は前日にお酒を飲みすぎたり、睡眠不足だったりすると翌朝の肌は明らかに元気をなくしています。

顔はまだ、メイクでごまかせるからいいのですが、問題は手や首などごまかしようのないところです。

できるだけ保湿をするようにしてはいますが、ファンデーションを塗れるわけではないので、くすんできたり乾燥していたりするとかなり目立ちます。

一番困っているのは、手や首に細かいシワが増えてきたことです。

全体的に乾燥肌になってきているということかもしれません。

痩せているので、肌が大きくたるんだりすることはありませんが、体全体の水分量が減ってきてはじけるような感じを失ってきていることが悲しいです。

肌に元気を取り戻すために保湿重視のスキンケアをしています。

最近ではセラミド入りのクリームがいいと聞いたので試してみましたが、確かに毛穴が小さくなったりなど効果はありました。

しかし、肌の調子を取り戻すために、化粧品に頼らなければいけないのがなんとも悲しいですし、何より全身にクリームを塗るわけにもいかないので困っています。

体の内側から何とかしたいと思い、コラーゲンを摂ってみたり食事に気を付けたりしています。

激安パックにシリコンパックカバーで毎日保湿

最近20代後半に差し掛かりお肌の曲がり角がとうとう来てしまったのかシワやほうれい線が目立つように。

やはりお肌の天敵は乾燥だ!と思い冬は毎日パックで保湿しています。

(夏はちょっとサボり気味です。

)

まずパックをする前に無印良品のスプレーヘッドをつけたハトムギ化粧水をこれでもか!というくらい顔に吹き付けます。

(ハトムギ化粧水は安くて大容量なので気兼ねなく使えるところが好きです。

高い化粧水はケチってちょびちょびしか使えない。

)
その後にのパックをつけます。

ルルルンパックも使ってみたりしたのですが、薄くてすぐ乾いちゃいそうなのが合わなくてQUALITY1st(50枚入り)を愛用してます。

こちらは厚みもあってなかなか乾かないしパックしてる感があって好きです。

とは言ってもとても面倒くさがり屋なのでパックしながら何かしたい。

いや何かしてる間でもないとパックできないのでドライヤーで髪を乾かしながらパックしてるのですが、そんな時に大活躍してくれてるのがダイソーのシリコンパックカバーです。

パックの上から重ねてつけるのですが、本当に万能!ドライヤーあてても乾かないし多少動いても剥がれない。

100円なのにめっちゃ大活躍してくれてます。

(見た目は犬神家みたいになって不気味だけど)
これを毎日続けてるお陰か常に肌キレイと褒められます。

あと一回極度のストレスを感じた時に顎にニキビがばーっとできたのでストレスフリーを心がけることは本当に大事なんだなぁと思いました。

最近永作博美さんがCMしているエーザイのチョコラBBリッチセラミドを買ったので、ちょっと半信半疑ですがちょっとでも乾燥防げたらなぁと思ってます。

今年43歳になります。

以前から笑いジワが目立つことが気になっていました。

でもそれは、
「もともとの骨格から笑いジワが出来やすい顔だから仕方がないか。」
と半ば諦めてはいました。

しかしながらも、大学生の頃はスキンケアにアルバイトのお金のほとんどを費やすほどのコスメオタクでした。

よいとされるコスメをたくさん購入したり、高いコスメを使ってみたり。

今から思えば、かなりコスメに対してお金をかけていましたし、贅沢していたと思います。

その結果、色々な化粧品を混ぜ合わせたのがいけなかったのか。

はたまたリッチなテクスチャーの化粧品を使いすぎたせいなのか、20歳の頃、口の周りにたくさんのニキビができてしまった経験があります。

その際に皮膚科のドクターに告げられたのが、
「シンプルケアが一番。今使っている化粧品を一度、全てやめてください。」
とのこと。

言われたときは、スキンケアをやめることに抵抗がありました。
使っていないと不安に思ってしまいます。

ですが、ドクターの言われたとおりにすることにしました。

それ以来、なるべくシンプルケアにするよう心掛けています。

とは言え、先程申し上げましたが、今年43歳…シンプルケアでどこまで加齢を遅らせられるかが日々の課題です。

今行なっているのは、まず、朝の洗顔はお水のみです。

寝ている間に体内から出てきた脂を落とすことが目的です。

そして化粧水、アイクリーム、保湿クリームの後に、少量の馬油でマッサージをしています。

朝はいろいろと忙しいですし、果たして馬油でのマッサージにどれだけの効果があるのかわかりません。

ですが、目の周りや口の周りのシワや感想が気になる混合肌の私には合っている保湿方法だと思います。

馬油は伸びがいいので、口の周りから耳の後ろにかけてシワを動かすかのようにしてマッサージをしていきます。

こうすると、顎周りもマッサージ前よりかなりスッキリしていますし、何より肌全体が馬油という一つの膜で守られている感じがあるので、乾燥が気になる冬には適していると思います。

実際冬場、外出中など目の周りがピキピキっと乾燥した感じになるのですが、このスキンケア方法にしてからはピキピキ感を感じたことはありません。

その上からお化粧をしますが、CCクリームを塗り、BBクリームを塗っても、本来の肌のツヤが外に表れているようで、透明感があり、とても気に入っています。

このような地道な闘いがいつかは功を奏すことを祈りつつ…非・華麗な加齢との闘いは日々続きます。

私のスキンケアはいたってスタンダードです、洗顔→化粧水→オイル→美容液です。

これを朝晩と1日2回。

何の変哲ないルーティーンですが、強いこだわりを持って行っています。

そのこだわりとは、使いたい成分だけを使って、お肌につけたくないものは一切使っていないこと。

市販のスキンケア製品には、人体に害となるような化学成分がたくさん配合されていることが多いので、何を使ってスキンケアをするかにはとても気を付けています。

まずは洗顔。

100%天然素材で作られたココナッツオイルの固形石けんを使っています。

固形石けんは刺激が強くて肌を乾燥させてしまう、と昔はよく聞きましたが、実はそうではありません。

天然素材で出来た固形石けんは、液体やジェルの洗顔料に比べると断然安全です。

それはほとんどの液体、ジェル洗顔料ンは界面活性剤が配合されているからです、界面活性剤は肌に刺激になるばかりか、水ですすいでも落ちにくく肌に残ってしまい、トラブルの原因となります。

固形石けんで洗顔をした後は化粧水です。

自分の使いたいものだけが入っていてほしいので、手作りをしています。

材料は水とオーガニックの植物性グリセリン、フルーツ酸です。

余計なものが入っていないので安心して使える上に、かなり安上がりです。

化粧水で肌を整えた後はオイルで保湿をします。

気分や肌の調子によって、ココナッツオイルとアルガンオイルを使い分けています。

もちろんオーガニックで、低温圧搾のものだけを使っています。

一回にほんの少ししかいらないので、市販の保湿クリームを買うことを考えると全然安いです。

オイルを塗ったあとに。

最近は美容液をプラスアルファで加えました。

去年の日焼けがみにくかったためです。

美容液は市販のものに頼っていますが、無添加オーガニックの製品です。

美容液をオイルの後につけるのは、オイルがブースターとなり、美容液の浸透を促進してくれるからです。

その他気を付けているのが、肌の負担になるのでなるべくメイクをしないことです。

メイクをした時は、必要なくなった瞬間にすぐに落とします。

メイク落としには、オリーブオイルを使用しています。

食用で良質のオリーブオイルをメイクになじませて、その後固形石けんで洗います。

この方法で肌の調子は良好です。

肌のためだけではありませんが、その他に実行しているのは、夜10時には眠ることと、毎日毎食野菜をたっぷり食べることです。

実は野菜嫌いですが、ジュースにしたり、好みの味付けにしたりして頑張っています。

お肌のお手入れは、ごくシンプルにやっています。

お肌が極端に弱いので、余計な物を使わないというのが基本です。

ずっとドクターシーラボを愛用していて、お肌のトラブルもなく安定しているので、今後も変えずにドクターシーラボを使っていくと思います。

洗顔後に化粧水、そしてオールインワンゲルで終わりです。

それでもしっとりとして、肌荒れも一切ありません。

以前は夏場でもカサカサと肌荒れが酷かったのですが、ドクターシーラボを使い始めてからは落ち着いています。

しかし、肌の状態は保っているものの、加齢には勝てないようで、シミやしわが気になってきました。

シミ対策としては日焼けを一番気を付けています。

アンチエイジングとしては、フレッシュな朝の野菜ジュースを毎日欠かさないこと。

その他に小豆を炊いて、こちらも毎日食べています。

小豆は便秘にも効果があり、利尿作用があるようで、食べ始めてから浮腫みが解消されました。

鉄分も豊富で、ポリフェノールが多く含まれているのも、アンチエイジングには効果があるようです。

私の場合はスキンケアよりも、身体の中からお肌に良いことを試しているという感じです。

食生活もきちんとしていて、睡眠がしっかりとれるとお肌の調子も良くなります。

お肌のお手入れについて

顔の悩みは、シミや乾燥や毛穴が目立ちます。

気を付けていることは朝起きたら顔を洗顔をし、化粧水を2回して乳液やクリームをつけます。

2種類あるので気分で代えています。

化粧水は水切りスプレーに入れて顔にシュッとかけた後、手でパンパンを肌に馴染ませるようにというのを2度繰り返します。

そのあとの乳液やクリームはすぐには付けずに時間を置いてからつけます。

夜もお風呂で洗顔しあがった後は乾燥を防ぐためすぐに化粧水をつけます。

食事では、1日3食しっかりと食べ、ストレスを溜めないように朝は好きなものを食べて、お昼も食べます。

夜だけは炭水化物を抜いて野菜だけや豆腐だけです。

3食必ず取り入れているものは野菜です。

食事をする際は最初に口に入れるものは油物やお米ではなく必ず野菜から食べます。

満腹感を得るためや体の吸収を抑えるためです。

もちろんお菓子も15時までには食べており、お肉も唐揚げなども食べていました。

睡眠は8時間はとれるようにご飯を食べた後お風呂も入りゆっくりとしてから22時までに寝るようにしています。

お風呂は半身浴をし、体から老廃物を出すために汗をかくようにします。

そうすれば体もスッキリと軽くなり、次の日の化粧乗りもよくなりお肌の調子が良くなります。

子供の頃から少しソバカスのようなものがあり、徐々にシミとして定着していきました。

ずっとシミが嫌で、シミを消す化粧品や美白の化粧水などを使ったり、日焼け止めもしっかり使ったりして治そうとしていました。

しかし、肌診断をしてもらったところ私の肌は極度の敏感肌で乾燥肌、キメが壊れているので紫外線の影響を受けやすいと言われました。

しっかり保湿して敏感肌・乾燥肌を治さないと、どんどんシミが作られるばかりで、シミを治そうとしても効果がないとのことでした。

なので、今はしっかり保湿することを目的にした化粧水、乳液などを使って乾燥肌を治そうとしています。

また、フェイシャルエステを受けた際、洗顔で汚れを落としきれていないことを指摘されました。

目的に沿った化粧品を使ったとしても、洗顔がうまくできていないと肌に入らず意味がないと言われました。

私の使っていたクレンジング、洗顔料は汚れを落としきれていなかったそうで、ちゃんと汚れを落とせるものに変更することを勧められました。

このとき初めて洗顔の大切さを知り、今は洗顔にはとても気をつけています。

洗顔料はもちろん、ぬるま湯、シャワーで流さない、朝も洗顔する等です。

今までは子供を産んで自分のことは後回しにしていたのですが、キレイなお母さんを見かけるようになり、自分もそうでありたいと思い頑張っています。

ケアの間違いとシミと乾燥

私の祖母はとても肌の強い人でした。

色白ではありませんでしたが、年を重ねている割りには、シミ一つなく、くすみなどもありませんでした。

彼女が言うには、いろんな化粧品があるけど、ほとんどの化粧品には、添加物が入っているから、付け続ける事で、かえって肌に悪い。

朝、夜、しっかり洗顔していれば、特に手入れは必要ない。

と言うことで、私はそれを信じて、洗顔のみで他に何もしませんでした。

しかし、祖母と私は肌の質が違ったようで、20代半ばくらいから、顔のあちこちにシミが出来てきて、ショックで倒れそうになりました。

気が付いたら早いうちに手を打たなければ、と、シミに塗り込む薬を買い、付けて様子を見てみました。

しかし、あまり効果を感じる事が出来ずに、もっと高い薬(というか、化粧品)を買い、サプリメントも併用しながら、頑張りました。

少しだけシミの色が薄くなった気がしますが、一度出てしまったシミを消す事は不可能です。

そのうち、肌の乾燥も気になるようになりましたので、今はそちらのケアをしています。

保湿性の高い化粧品を使っていますが、鏡を見た時にふっと気が付いたのですが、シミが目立たなくなっていました。

シミって、乾燥と関係があるのかな、と不思議に思います。

最初の子供を妊娠した際、「あれ?シミかな・・・」と気づいた両目の下、頬骨の上辺り・・・これはいわゆる「肝斑」というものなのかと思いながら、しばらく
放置していました。

無事に一人目を出産し、一年以上経過したある日、やはり消えていなシミが気になってきたので、思い切って小さなサロンで一回のみ体験レーザーを予約し、体験しました。

処置の間、バチっという音、目の奥に感じる強い光・・・この二つへの恐怖心があり、結局レーザーの継続はしませんでした。

たった一度の処置だったから、そんなに大きな変化はないな~・・・・、と思いつつ、今度は30歳代後半で二人目妊娠。

するとまた、シミが濃くなってきたような気がしました。

二人目を無事に出産した後、たまたまご近所でかなり美肌・美形の子持ち女性の方とお話する機会があったので
「どうしてそんなに綺麗なの?」と聞いてみました。

驚くことに
「何にもしてません・・・・強いて言えば、ワセリンや水などを自分で適当に混ぜて保湿に使ってるかな。

ファンデーションはまず使わず、日焼け止めクリームと粉白粉をパパっとはたくだけ。

で、眉毛書いて口紅を軽く塗るって感じですね。


とのご回答でした。

これを聞いて、早速私なりに実践・・・、顔のお手入れは石鹸洗顔と市販の安いクリームのみ。

(ファンデーションやくレンジング類は全て廃棄処分)日焼け止めの後は軽く粉白粉をして、眉毛を書き足し、口紅を軽く塗り・・・で「本日の顔完成!」としました。

勿論、日々の食事はとても大切なので、野菜類、タンパク質類・・・などなど気を付けてしっかり食べています。

それから約7年が経過し、現在40歳代半ばに突入しようというところです。

一人目妊娠時に出来たシミは完全には消えていませんし、きっと消えないでしょう。

でも、大きくなったり濃くなったりすることなく、やや色が薄くなってきています。

かなりズボラではありますし、前述の美肌・美形ご近所ママさんに叶うレベルではありません・・・でも、特に気にならないので、この調子で続けていこうと考えています。

ダルメシアンになりたくない!

シミの原因のひとつに遺伝がありますが、私のシミは父の遺伝です。

昔人間にしては高身長で美形だった父ですが年齢とともに顔はシミだらけでした。

母は色白だったので、私は父の血が濃かったのでしょう。

どうせなら美形の方を引き継ぎたかったのですがそれは叶いませんでした。

まだ20代の頃に化粧品売り場で調べてもらった時は私は皮膚が非常に薄いので今のうちにケアしておかないとシミの根っこがありますよと言われたのですが、セールストークもあるんだろうなと素直に聞けてませんでした。

そのときはまだシミもほとんどなく、まさか自分がシミだらけになるとは想像していなかったのです。

子育てで外に出る機会が増えたころは全く無防備で日傘など差したこともなく、帽子も忘れて走り回っていました。

化粧気もあまり無かったので日焼け止めも塗ったり塗らなかったり、その頃の自分に会えたら懇々と説教したいです。

 シミが出始めたのは30代に入ってからで40代を過ぎるとシミも濃くなり、大きいホクロのようで毎日鏡を見るのが憂鬱でした。

とりあえずコンシーラーで隠し、ビタミンだのアスタキサンチンだのを飲み外出には日傘を持ち歩くようになりましたが後の祭りです。

とりあえず一番目立つシミをなんとかしたいと駆け込んだのは某有名整形クリニックでした。

ジリジリと肉が焦げる臭いとピシピシと小石を投げられているような痛みとともにシミは消え、大きな絆創膏を貼ってカサブタが剥がれるまで10日かかりました。

 その後は日焼け止めや美白化粧品も買って気をつけていますが、外的要因だけでなく親から受け継いだ体質やずぼらな性格もありどうしてもシミが広がることになります。

最近は2~3年毎に焼いてもらっている状態です。

たかがシミとはいえ、鏡を見るたびにため息をつくくらいなら思い切ったことも必要かと思います。

今現在、シミでちょっと悩んでいます。

気になりだしたのは2~3年前からですが、それより前の写真を見返してみたところ、少なくとも6年以上前からシミが存在していたのを確認できました。

あまりはっきりした写真がなかったので、その時より濃くなってきたせいで気になりだしたのか、単に気にしていなかったのを気にするようになっただけなのかはわかりません。

私のシミでちょっと不思議なのが、大きなシミが顔の左側にかたよっているということです。

右側にもありますが、右側のはそばかすみたいな感じです。

車の助手席に乗っていて顔の左側にだけ太陽が当たっていたとか、なにかそういう原因があるのかもしれませんが、はっきりとした理由はわかりません。

顔の右側と左側を半分ずつ鏡で見たら、同じはずの自分の顔なのに、左側の方が老けて見えます。

このままシミが大きくなったり濃くなったり数が増えたりすると、顔の左半分を隠すわけにもいかないので、年齢より老けた顔になりそうでちょっと心配です。

対策としては、シミが気になりだしてからコンシーラーやBBクリームで隠す努力をしてはいますが、隠しきれていないのが現状です。

塗ったり飲んだりする薬もあるようですが、それは試したことがありません。

隠す努力以外には、日焼け止めを気を付けて塗るようになりましたが、もちろんそれでシミが薄くなるようなことはありません。

ただ、これ以上大きくなったり増えたりしないことを願いつつ、塗っています。

塗ってすぐきれいになる薬があったらいいと思ったりもしますが、そんなに効果があると、今度は逆に副作用が気になるし、やっぱりなんとか隠しつつ、これ以上増やさない注意をしていこうと思っています。

私が実践しているシミ予防対策

シミを気になり始めたのは、35歳をすぎたころ。

ファンデーションをぬっても、なんだか肌の状態に透明度がないと思ったのが、シミが原因だったとわかったきっかけでした。

まず、日焼けについてまったく対策を講じていなかったので、日焼け対策から始めました。

日傘をもったり、外出時でなくても日焼けどめをぬったり。

女性ならば10代、20代の子でもやってるようなことを私はこれまでやっていなかったので、今更?と思いましたが、でもやる、やらないではまったく違うと思い、35歳をすぎたころから意識するようになりました。

また、ビタミンCをドリンクで摂取。

そのドリンクには1350mgのビタミンCが含まれていますので、毎日一本飲み続けていったら、一ヶ月にして肌のツヤが出てきて友人知人から肌つやがよいと言われました。

あとは普段の肌の手入れを気をつけるようになりました。

化粧品もただ単にぬりたくるのではなく、一つ一つの商品に意味があるので、一つぬったら時間をおいて、保湿力を高められるように肌の健康にも意識を向けられるようになりました。

肌がキレイだと気分があがります。

気持ちが全然違うし、性格も明るくなります。

これからもシミ予防をしながは、肌の健康を続けていきたいです。

私は目の下のクマの色素沈着と、顔の細かい小さなホクロみたいなシミで悩んでいました。

コンシーラーとファンデーションで消えることは消えるのですが、毎日化粧を必ずしなければならない、プレッシャーで押しつぶされそうになりました。

なので最近は横着してすっぴんマスクで会社に行きます。

そんなマスク生活から脱出しようとシミ、色素沈着を消す方法をネットで調べ色々な方法を試して観ました。

まずはビタミンCを取って美白クリームを塗りたくりました。

そして、強力なクリーム、ハイドロキノンにもお世話になり、私は最終的に美容クリニックでシミ取りをしました。

どれがどのくらい効果は出たか同時に試していたのでわかりませんが、1番これは効いたかも。

というのが皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームでした。

保険適用なのでそんなに高いわけでもなく、使用方法を守ればとても即効性のある良いクリームだと思います。

今回私はクリームは美容クリニックで処方してもらいましたが、皮膚科でも出してもらえるのでとてもリーズナブルでお手軽な美容法です。

クリニックでレーザーでシミ取りをするとコストもかかるのでまずは色素沈着やシミで悩んでいる方にはハイドロキノンクリームをオススメいたします。

今は悩みから解放され、自分に自信が持てるようになりました。

わたしの肌の悩みについて

わたしは肌の悩みとして目元のところのシミが気になっています。

以前までは気にならなかったのですが、最近特に肌の乾燥とともに気になっていきました。

肌の感想についてはあまり手入れもしていませんでしたが、さすがに目元のシミは人と会う際にも目立つので非常に気になります。

やはり毎日、夜に肌及び顔の洗顔を行うだけでは肌の老化は止められないのでしょうか。

毎日の保湿ケアも保湿クリームをきちんと使った方が良いのか、そのまま水で洗顔をしていても問題はないのか気になります。

わたしの肌は特に感想もしやすくすぐにざらざらとした肌になってしまうので定期的なケアが必要です。

目元のシミも美白ケアを行わないと目立ってしまいます。

目元には、シミ以外にもしわが目立つのでシミに効くケシミンローヤルなどを塗布したいと思っています。

購入はまだしていないのですが口コミや、世間の一般的な評判を見て購入を判断しようかと考えています。

シミ、しわに効果のある化粧品以外にも肌に効果のある栄養源、コラーゲンを含む食材を摂取することにも気を使っていきたいと考えています。

ビタミンcもこのシミに効果があると聞いていますのでしっかりとレモンを食べるように心がけたいです。

私の唇は生まれつき色素が薄く、口紅を塗らないとほぼ白いです。

2年前、この唇に2ミリ程度の丸いシミがで一つできてしまいました。

それ以来、鏡を見たり写真を撮るたびにこのシミが気になってまい、とてもショックでした。

主人に相談すると、どうやら皮膚科で治るらしいということで、皮膚科に行きました。

治療方法はなんと液体窒素で「ジュッ」とやけどをさせ、かさぶたになったものを後日とるという方法でした。

しかも2~3回これを繰り返すということで、痛かったのですが3回やりました。

しかし、見た目は全く変わらず、とても嫌な思いだけが残りました。

「あ~あ。

こんなことなら行かなきゃよかった。

私の痛みと時間を返せー。

」と主人を攻めたのは言うまでもありません。

その後、美容皮膚科クリニックへ行き、シミ除去の施術を5000円程度で行いました。

くちびるにシールで局所麻酔をし、あとはこちらも機械で「ジュッ」でした。

痛みはありません。

やっとシミが薄くなったものの、もっと消すためにはあと2~3回必要だの、日ごろのケアにこのビタミンC美容液を塗れだのと言われ、
お金もないのでこれで満足することにしました。

シミとは永遠に付き合わなければならないと思っているので、これからはくちびるにも日焼け止めを使おうと思いました。

かなり後悔しています。

若い頃ニキビがひどく、ファンデーションは肌に悪いかと思って、ほとんど化粧をしませんでした。

加えて帽子や日傘など、全くと言って良いほど使用していませんでした。

今になって思えば、紫外線浴びまくっていた訳です。

35歳位になったある日、鏡を見ると顔にうっすら黒いものが付いている…。

最初は汚れかと思い、こすってみたものの一向に消えず。

シミだと理解した時のショックは大きかったです。

しかもだんだん広範囲に濃くなっていくようで慌てました。

以来シミに効く、という化粧品などを色々試してはみましたが、どれも目にみえた成果はありませんでした。

レーザーは消えると聞いていますが、結構高いのでためらっています。

今は一年中帽子を欠かさず、ファンデーションもSPFの高いものを選んで使用していますが、なにぶん後の祭りです。

せいぜい悪化を防ぐのが精一杯というところだと思います。

若い頃にはまさかこんなにテキメンに出るとは思いませんでした。

蓄積されたものが数年後、十数年後に出るって本当に怖いです。

シミってやはり老けて見えてしまうし、こうなる事が分かっていたら、若い時に紫外線対策しっかりやっておくんだったと今本当に後悔しています。