シミを作らせないためには紫外線対策は絶対!

最近、シミの事が気になります。
それは、30代も後半になりお肌にシミがあるのを見つけてしまったから。

20代や30代前半では、それなりに日に当たっていてもシミは出来ませんでした。
でも、30代後半になって遂にシミを発見してしまいました。

やっぱり、無頓着に日に当たってしまっていたからでしょうか。
シミの一番の原因は日焼けだと良く言われますね。

改めて、シミの出来るメカニズムについて調べてみました。

シミにもたくさんの種類があります。そして、それぞれ原因が異なります。
その中でも一番一般的なのは、やはり日焼けによるシミです。

では、どうして日焼けするとシミが出来てしまうのでしょう。
日焼けするくらい紫外線を浴び続けると、お肌の中では何が起こるでしょうか。

紫外線は、実はすごく強い光線なんですね。
お肌の細胞は紫外線を浴びると、核の中にあるDNAが破壊されてしまったりします。また、お肌の細胞自体が死んでしまったりします。

そんな紫外線からお肌を守る為に生成されるのが、メラニン色素です。

表皮の一番下にある基底層のメラノサイトはメラニン色素を生成します。
メラニン色素は周辺の表皮角化細胞に供給されます。そして、カサの様に紫外線を防ぎます。
その後、役目を終えたメラニン色素は、お肌のターンオーバーと共に身体の外に排出されます。

しかし紫外線によって表皮角化細胞に異常が起きると、メラノサイトはメラニンを作り続けるようになります。
過剰に生成されたメラニンは、役目を終えてもターンオーバーで全て排出しきれなくなってしまいます。
排出されず残されたメラニン色素は、そのまま皮膚に沈着し、いつの日か色素沈着を起こしシミとなるでしょう。

紫外線を浴び続ける事はメラニンの過剰生成に直接繋がります。
やはり、紫外線を浴び続けるとシミが出来てしまうのですね。

だから、日焼け止を塗る事はとても大事なのです。

「でも、日焼け止めは夏場や晴れの日だけで良いですよね?」
そんな風に思っていたのですが、これも間違いでした。

紫外線は真夏のイメージが強いですが、オールシーズン昼間は紫外線が降り注いでいます。
曇りの日だって、結構な量の紫外線が降り注いでいるそうですよ。

夏の紫外線は確かに強いですが、冬場の雪の照り返しもかなり強い紫外線を反射します。
冬は太陽が低い分、部屋の奥まで日差しが届きます。それって、部屋の置くまで紫外線が届いていると言う事なんですよね。

紫外線対策の為の日焼け止めは、シーズンに関係なく常に塗っておくのが良いみたいですよ。
そして、シミ対策のできるケアを使用剃るようにしましょう。(参考サイト【フレキュレルで大人そばかすが消えた!これって本当なの?】)

シミ予防は日々の積み重ねが大事

シミが気になり始めたのは30代後半ぐらいからです。

昔、保育士をしていたので、子どもの外遊びや散歩、遠足、運動会の練習など外での活動も多くて紫外線を浴び続けてきました。

日焼け止めも仕事の忙しさから塗ることもあまりなく、塗っていたとしても汗などで落ちてしまい、気にもせずにそのままの状態で働き続けていました。

将来起こるであろう自分の肌のことを考えて、もっと紫外線防止対策をしておいたら良かったなぁ…と反省しています。

あとどうしても顔の表面に出ているシミだけを気にして、そのシミを何とかしようと努力はするのですが、見えない肌の奥深くにもシミの予備軍はたくさん潜んでいます。

実際に何個か大きくなってきたり、年齢と共に盛り上がってきたシミは目立つので除去しましたが、他の部分からまた次々に新しいシミが出てきています。

表面的なシミだけを取っていても、これではイタチごっこになってしまいますよね。

なので自分の肌を気にするようになってからは、最善の予防法を取り入れるようになりました。

目からも紫外線が入ってくるので、メガネやサングラスをしっかりとUV加工されたものに変えたり、帽子や日焼け止めは必ずつけるようにしています。

またキュウリやレモン、パセリなどに含まれているソラレンという成分が入った食材を朝、出かける前に食べると日焼けしやすくシミになりやすいと聞きました。

昔からキュウリの入ったサンドイッチが好きで、朝作って食べることが多かったのですが、外出する時はそれらの食材を控えるようにしています。

鼻のシミが気になる

二人目を妊娠中に誰かに会うわけでもないので日焼け止めも塗らずすっぴんでよく出歩いていました。

出産後忙しく肌のお手入れもままならないままほっといたら気づくと鼻の頭と目の下に無数の染みができていました。

あまりのショックに市販されている染みにきく薬やビタミンが入っている化粧水に変えましたが全然改善されず。

やはり高いお金を出さないとダメなのかとショックでした。

その時の年齢は31歳でした。

昔から染みは全然なく気にしたこともなかったのですが急激に増えてしまったこと、そして年齢も30を過ぎてきたのでまずは消えないならこれ以上染みを増やさない努力をしようと思いました。

まず体の中から変えようと思い染みにきく食べ物を積極的に食べることにしました。

緑黄色野菜を三食にバランスよく取り入れて食べています。

あとは出掛けるとき必ず化粧をする前に日焼け止めを塗るようにしています。

ベランダで洗濯を干す時も日焼け止めを塗ります。

外出時は帽子、日傘(夏は特に)出来るだけ長袖を着る。

あと日焼けをしてしまったなと思う日は化粧水をいつもより長めに染み込ませるようつけます。

改善はまだ見られませんがあれ以来増えてはいないような気はしています。

PAGE TOP ↑